NEW JACKET / COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN

ついにCOMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANの2017SS COLLECTIONが立ち上がり、気分的にもようやく新しい年が明けて、いよいよ春の支度が始まったなという感じです。

今回のCOLLECTIONのアイテムも、少しずつご紹介させて頂きます。

今回のコレクションは、ルックで見るとモデルの兼ね合いもあってかかなり“いかつさ”の目立つコレクションでしたが、モノを単品で見るとパターンも素材選びも、そしてデザインも遊び心の中にエレガントさのあるとても素敵なアイテムばかりで、それを色々なアイテムで崩しながら日常着へと落とし込むスタイルが非常に楽しみになるアイテムばかりでした。

COLLECTIONの目立っていたディテールの一つが、テーラリングのジャケットの袖をライダースジャケットのデザインにして仕立てたジャケットです。

coop-2017-0109-1

COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN
Wool Hop Sack Jacket
¥90,000+税

 “テーラリング”と“ライダース”
普通にしていては絶対に出会わないであろうディテールです。
その二つが共存するシーンなんて本当はありません。
昔よっぽどの物好きがいて、ジャケットの修理にライダースジャケットの袖を使って修理でもしていない限りは、ヴィンテージと呼ばれるモノの中にも有り得ないでしょう。

coop-2017-0109-2

coop-2017-0109-3

そんな出会いえないアイテム同士を、本当に見事に調和したバランスでツイストさせていたのが、とても印象的でした。
パターンや縫製、素材使い…etc
どんな要素を抽出してみても隙の無い完全無欠のクリエイションのように感じて見とれてしまいます。

 

coop-2017-0109-4

もちろんこのジャケットも遊び心がたっぷりなのに、きちんとエレガントさも兼ね備えています。
JUNYA WATANABE MANのクリエイションが発する凜とした緊張感というのは、カジュアルなアイテムと合わせた時にこそ、その真価を発揮すると考えているのですが、例に漏れずこの3つボタンのジャケットもカジュアルなスタイルと調和しながら、全体のムードに適度に締まった感じというのをプラスしてくれます。

今シーズンは、COLLECTIONでもカットソーや極太のジーンズが登場していましたが、その位のカジュアルにヌイた日常のスタイルにこそ合わせるというのが上手く着こなすコツではないでしょうか。

coop-2017-0109-5

COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN
Wide Jeans
¥34,000+税

coop-2017-0109-6

冬にたくさんレイヤリングした分。全体的にラフに考えてコーディネートを組めば、無理やりに明るいカラーを入れずとも、春の街にスッキリ馴染むルックス的な重さの無いコーディネートに仕上がってくれます。

coop-2017-0109-7

COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN
Border Tee
¥16,000+税

遊び心を入れながら、締めるところはきちんと締める。
きちんと考えたスタイルを緻密にデザインされた美しい洋服で実現するからこそ洋服は面白いし、洋服を着る事に“自分を表現する”という意味が生まれるように思います。

序章ですが、春のシーズンは始まっています。
COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MANの凜とした強さを持ったクリエイションから始めてみて下さい。

(TEXT 仁井谷)

 

 

 

《お問い合わせ》
LOFTMANCOOP 京都
tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当 : 仁井谷