“COOP KYOTO 2F BLOG” Denim×Knit Combination

日に日に太陽の位置も高くなり、それに釣られるように気温も上がってきています。
梅雨を挟みますが、夏はもうすぐそこです。

夏の服というと、一番に思い浮かぶのは、短パンにTシャツです。
確かに見た目にも涼しいコンビネーションですが、どうにもモノ寂しさを覚えてなりません。
シンプルに、でも人と違った表情を出すなら選びたいのはニットです。
滑らかで、柔らかく、上品で少し艶かしくドレープするニットは、秋冬春だけでなく夏にもスタイルに取り入れたい素材です。

見るからにソフトで上品なニッティングの質感に、ワーカー達のユニフォーム用にと生み出されたデニムが持つヘヴィな印象をぶつけてコントラストを効かせると、シンプルでも印象に残るスタイルが組めます。

 

Fileuse d’arbor
Tristan
¥12,000+tax

100年近くに渡ってフランス製の良質なプロダクトを作り続けるFileuse d’ArvorのニットTは、作り込み過ぎないヌケたムードが素敵なニットTです。
しかも今回はインディゴ染め。前下がりになっていない首回りのリブが、洗って着てくたっと落ちてくる頃には最初よりもしっとりとした風合いの良い表情に仕上がってくれる事でしょう。
あまり緻密に作り込み過ぎていると、せっかくまろやかな表情を主張したいニットTなのに、お堅いイメージやギラついたイメージになりかねないので、Frenchのこういう力の抜けたモノ作りに非常に惹かれます。

 

COMME des GARCONS JUNYA WATNABE MAN
Super Wide Jeans
¥34,000+tax

今シーズンのJUNYA WATANABE MANのコレクションのデニムパンツは、とにかくワイドなボリュームが印象的です。
コットンニットのカットソーを、もちろん上品なイメージ通りにトラウザーや形の綺麗なチノで合わせても良いのですが、コントラストがあってこそコーディネートにはミックスしたオリジナリティが生まれてドラマチックなものに仕上がります。
そこで登場するのが、DenimやBack SatinのようなWorkやMilitaryを感じさせる素材の、極端なシルエットを持ったボトムスです。

 

MARIA RUDMAN
Sami Bracelet
¥78,000+tax

PETRA
¥74,000+tax

ジーンズに半袖ニット。それだけでは寂しく納まってしまいます。
夏の小物選びは非常に重要です。
全体的に涼やかな寒色でまとめたスタイルには、MARIA RUDMANのレザーブレスレットはとても良いアクセントになります。そこにシルバーのブレスレットをレイヤリングすれば、品良く、暑苦しくないクラフトのムードを楽しめます。
一夏終える頃にはとても良い風合いになっている事でしょう。

 

emma greenhill
Silk Scarf
¥29,000+tax

通常のクルーネックに比べて、襟が少し高く上がるデザインには、シルクのスカーフはとても良く似合います。
また、ジーンズの力強さやニットの柔らかなムードのコントラストに、艶やかでシャリのあるシルク素材のスカーフがさらなるコントラストを生み出してくれます。
emma greenhillsのシルクスカーフは定型的でない絵柄やカラーリングが魅力的で、ソリッドな配色のスタイルを華やかに彩ってくれます。
丁寧に手縫いで縁を仕上げる事で首元の収まりが良く、色々な巻き方を楽しむ事が出来ます。

 

MBT
Kisumu
¥29,000+tax

FilMelange
HUBERT
¥2,600+tax

足元も軽く、リラックスしたムードで仕上げたいので、サンダルを履きたいところですが、普通のサンダルだとパンツのワイドなすそ幅に負けてしまいます。

そこでサンダルのデザインとしては異例のボリュームを誇るMBTの出番です。
筋肉の使い方を、人間本来の使い方に戻すように設計されたサンダルは、履いていて健康的な気持ちにさせてくれます。
夏の開放的な気分を健康的に表現するというのは、とても人間らしい自然なことのように思えます。

暑くてどうしようもない時以外は、靴下との色合わせで楽しみながら履くとより健康的でリラックスした気持ちになれます。
FilMelangeの靴下は裏地がパイルになっているので気持ちが良く快適です。

 

KIJIMA TAKAYUKI
Paper Hat / Long Brim
¥17,000+tax

帽子も大切なアクセサリーの一つで、素材や色によって季節感の演出を印象深くすることが出来ます。
夏のシーズンにはPanamaやPaperなど、軽く涼やかな印象のハットがやはり一番活躍します。
KIJIMA TAKAYUKIの作る帽子は、被る人の事を非常に深く考えてデザインしてあるものばかりで、何気なく被るだけでムードを作ってくれる、インポートの帽子とはまた違った気軽に被れる良さがあります。
シンプルなようでいて、オリジナルなデザインの帽子は、被り手のキャラクターも立ててくれるので、パターンの一つとして持っておきたい所です。

 

柔らかくニッティングされた素材は、とてもよく風を通すので、夏になると着ていて涼しい素材です。
汗をたくさんかいても纏わりつかないので、湿気の多い日本の夏には良く合います。
ルックスが良くて、機能的。
まだまだ探求したい素材です。

(TEXT 仁井谷)

 

 

《お問い合わせ》
LOFTMANCOOP 京都
tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当 : 仁井谷