ベーシックだからこそ / RED KAP

1923年創業。アメリカを代表するワークウエアブランドの一つRED KAP。
今もアメリカを中心に様々な企業やチームのユニフォームを作り続けています。そんな愛され続けるアメリカンベーシックは色褪せる事なく、現代のスタイルにも落とし込む事ができます。ベーシックだからこそ普通に着るのではなく、例えばサイズをワンサイズもしくはツーサイズ上げて着たり、ワッペンやバッチで装飾してカスタマイズして着たりなどちょっとした工夫をするだけで新鮮に着る事ができます。

XLサイズで着用。ワーキーなアイテムと合わせるのではなく、柔軟性の高いスポーティーなアイテムと組み合わせるのも良さそうです。ロンTeeに重ね着というシンプルなレイヤリングでもこのサイズ感なら新鮮に感じます。街を探索するのはもちろん、フェスやBBQなどにこういったスタイルで行くのもありかもしれません。

こちらはワッペンや缶バッチでカスタマイズ。装飾を少しずつ足していって自分の好きな物で埋め尽くすぐらいにしたいところです。いかにもワークスタイルという感じではなく、下半身は脱力感のあるアイテムと合わせるとリラックスしたスタイルが作れます。

汚れたらガンガン洗って、ボロボロになるまで着る。そんなワークシャツの醍醐味はちゃんと楽しみながら、ちょっと違った角度で着てみるのが良さそうです。

(TEXT 山野)

 

RED KAP
WORK SHIRT S/S
SIZE : L,XL
¥5,800 +Tax

 

《お問い合わせ》
LOFTMANCOOP 京都
tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当 : 山野

COOP KYOTO, BLOG 1F

Handmade in Gaziantep,Turkey / Sabah

エスニックなエッセンスを足元に。 Sabahはテキサス出身のMickey Ashmoreによって企画されたブランド。生産はアメリカではなく、全てトルコのガズィア…

2017.05.15Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F

アウトドアハットを楽しむ

気温が上がり日差しが強くなると帽子の役目が重要になってきます。 ジメジメした気候の中少しでも快適に過ごすなら、アウトドア用のハットがおすすめです。登山はもちろん…

2017.05.13Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F

スポーツサンダルという選択肢

初夏に足元を軽く見せるならやはりサンダルという選択肢が出てきます。 レザーサンダルも品があり良いですが、自転車に乗ったり、雨の日も履けたりなどあらゆるシチュエー…

2017.05.12Detail>>