アンダーウエアとシャツの関係性

気温も上がり軽装になってくると、直接肌に触れるアンダーウエアの存在がとても気になります。
選ぶ物でこれからの時期を快適に過ごすのに関わる重要なポイントだと思います。もちろんアンダーウエアによって相性の良いシャツも違います。そんなアンダーウエアと、その上から羽織るシャツの関係に注目してみました。

まずはChampionのポケTです。T1011と呼ばれる定番モデル。ヘビーオンスで乾いたタッチのこれぞアメリカ製と感じる仕上がりです。分厚くても、汗を吸ってくれベタベタしないので暑い日も快適に着用して頂けます。

Champion
C5-B303
¥5,000 +Tax

patagoniaが作るような化繊のシャツと合われるのが良さそうです。ヘビーオンスのTシャツでも速乾性の良いライトなシャツなら気持ち良く着れます。ボックスシルエットのTシャツとシャツの形が良く合います。スポーツやアウトドアシーンでも活躍を期待できそうなアクティブな組み合わせです。

ヘンプとオーガニックコットンを混紡した抜群の着心地を誇るJUNGMAVEN。洗っていく度に良くなる着心地に虜になります。後染めによる色の雰囲気もとても良く、経年変化も楽しめる大満足な一枚です。

JUNGMAVEN
BAJA 7oz POCKET TEE
¥7,500 +Tax

ネップ感のある生地やアメリカらしい色出しには、SASSAFRASのシャツが良く合います。ヘンプウエアを追及してナチュラルな物作りをするJUNGMAVENと、アメリカンカルチャーを重んじて独自のガーデニングウエアをプロダクトするSASSAFRAS。”ガーデニング作業をするのに愛用しているTシャツ”みたいなストーリーを作って合わせるのも良いかもしれません。

デザインはベーシックなポケT。ただしウール100%です。冬のイメージが強いウール素材ですが、good & woolenの作るTシャツは春夏も快適に着用できます。ウール特有のチクチクする感じも少なく、とても乾きやすい。シンプルな見た目がスタイルに取り入れやすい日本製のTシャツです。

good & woolen
S/S POCKET TEE
¥8,800 +Tax

そんな気持ち良く着れるウールTには、オックスフォードのようなガシっとした生地のシャツとも相性が良いです。肌に当たる硬いタッチからウールTが守ってくれます。オックスフォード生地といえばINDIVIDUALIZED SHIRTSのB.Dシャツ。清潔感のある雰囲気を崩す事なくマッチします。この組み合わせだと暑くなってからでもオックスフォードのシャツが着れそうです。

Gicipiはとても薄手のニットのような感覚で着れるアンダーウエアを作っています。生地の編み方によりとても伸縮性があり、自然と体にフィットします。生地や縫製など何度もテストを繰り返して出来上がった完成度の高い一枚です。決して派手な見た目ではないですが、ストレスのないスタイルを支えてくれるような存在です。

Gicipi
GIRO COLLO MM
¥3,800 +Tax

ネックの開き方やシルエットなど少し色気を感じさせるGicipiにはCOMOLIのシルクシャツがとても良く合います。体にぴったりフィットするGicipiにCOMOLIの分量感のあるシャツを着て、シャツの中に風を送り込むようなイメージで。シンプルな見た目の組み合わせでも、生地と着心地に拘った大人の印象を与えてくれる涼しいレイヤリングです。

 

着る枚数が少なくなっても拘りを持って物を選ぶ。そして気持ち良く快適に過ごす。自分のスタイルに合ったアンダーウエアとシャツの組み合わせを色々試してみても良さそうです。

(TEXT 山野)

 
《お問い合わせ》
LOFTMANCOOP 京都
tel:075-212-5352
mail:coop@loftman.co.jp
担当 : 山野

COOP KYOTO, BLOG 1F

買い足すTシャツ / Champion

気温も少しずつ上がり、徐々軽装になってくるこの時期はカットソーは何を選ぶかがスタイルをとても左右させると思います。夏に一枚で着るのはもちろん、今の時期はジャケッ…

2017.05.01Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F

HEMP2020 / JUNGMAVEN

アウトドアウエアにおいて天然素材のヘンプに拘り、ナチュラルな風合いと着心地を追及して物作りとしてきたRoret Jungmann。現在はアウトドアだけではなく、…

2017.04.27Detail>>
COOP KYOTO, BLOG 1F

引き締める役目 / INDIVIDUALIZED SHIRTS

新しい物をスタイルに取り入れる時にオーセンティックな物の重要さを感じます。スタイルを引き締める役目というか、芯のあるスタイルを作るには必要な物だと思います。 そ…

2017.05.04Detail>>