稲葉BLOG / SCYEのTrousers編

今回は「SCYE」のSpecial OrderのTrousersについて少しお話させて下さい。

たまに店頭でお客様やうちのスタッフと洋服のブランドではなく、どのアイテムが好きかという話になることがあります。
ある人はシャツばかり購入されていたり、あるスタッフに聞けばジャケットばかり買ってしまっていたり、ニットばかりの人やアウターばかりの人もいらっしゃいました。
人それぞれで、恐ろしいほどの偏りがあります。

僕の場合はと言えば、「Pants」に対して異常に偏りがあります。
特段意識している訳では無いのですが、家のクローゼット見返せばPantsの山、今までの買い物を思い返してみてもPantsに心奪われて衝動買いすることばかりでした。
思えば、その日のコーディネートを組んでみてもPantsが中心で、何を穿きたいかというところからスタートすることばかりです。
そう、僕はPantsが大好きなのです。

ひとえにPantsといっても色々とあります。
太い細いだけでなく、太くてもミリタリーチノのようにテーパードしているのか、それともFatigueやPainterのようにストレートにズドンと落ちるシルエットなのか…
細いPantsでも、股上が深いのか、丈はどの位なのか…
ちょっとしたバランスの違いでPantsの表情だけでなく、単純に無地のポケTを合わせただけのスタイルの見え方さえガラリと違ったものに仕上がります。

さて、それでは本題のSCYEのパンツについてです。

SCYE
Special Order One Pleats Trousers
¥25,000+tax

パターン自体はSCYEの以前のラインナップにあったものですが、フロントをフックで留める使用を、全てボタンの使用に変え、裾のダブルの仕上げを縫製ではなくスナップボタンに変更した上で、生地も選ばせて頂き完成したモデルです。

ウォッシュすると少し縮む事や、アタリが出る事から洗濯表示はドライ表記になっていますが、僕は汚れれば洗って穿いています。一週間の間に二度もマシーンウォッシュをした事もありました。
そのため僕のSCYEのパンツは丈が上がり、コットンパンツならではのシワが入り、個人的にはより良い雰囲気が出たと感じています。
もちろんTrousersをマシーンウォッシュして…というのは誰しもがそうする穿き方ではありませんが、洗って穿いて、Trousersと言えど、他のデイリーなパンツと同じようにその経年変化を楽しむというのも力が抜けた穿き方で素敵ではないでしょうか。

実は自分のクローゼットの中を漁っていても、持っているパンツはと言えばDenimかNavyやOliveのパンツが8割以上を占め、Whiteのカラーのものは全然ありませんでした。
特段避けていたというわけでも無いのですが、元々市場自体にそんなにバリエーションが無い中で、これまで中々グッとくるWhiteのパンツに巡り会えていませんでした。

何がそんなに良いかと言えば、やはり日本人の体型を考えて生み出されているシルエットや全体のバランスで、スタイルの良い外人が穿くのではなく、日本人が9分丈くらいの丈の長さで、深めの股上をゆったりともてあますように穿いた時に一番このSCYEのTrousersのシルエットは美しく仕上がります。

正統派に穿くならヘソ下くらいまでウエストを上げ、ベルトで縛って穿くと良いですし、少しふざけてDICKIESやBEN DAVISを穿くかのように腰パンをして裾を思い切り靴に被せて穿くというのも自由度があって素敵です。

真っ白なシャツと比べると分かり易いのですが、実は真っ白ではなくアイボリーの様な柔らかな風合いのWhiteなので、トップスと合わせた時、どのカラーと合わせてもマイルドに仕上がってくれる良さもあります。
個人的にはChambray ShirtやM-65など“男っぽい”ムードを持ったアイテムと合わせてミックスしたムードを出すのが好みです。

サイズもまだ揃っているので、ぜひトライしてみて下さい。

「夏の白パン」

良いですね。

稲葉春樹