気になる英国

2015年もあと残すところ数日となってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

今年も世界や、日本でもいろいろなことがあった1年でした。

 

LOFTMAN COOPとLOFTMAN COOP ‘Ohanaの複合店をロフトマンとして、初の試みである商業施設イーマにオープンし、動きのある1年でした。

そして来年、2016年はロフトマン創業40周年。私が入社して20年。

LOFTMAN COOP UMEDA、LOFTMAN B.Dの10周年。

 

と、いろいろと節目の重なる年でもあります。

 

一つの通過点とし、これからも毎年しっかりと歴史を積み重ねていけるよう精進し、皆様に喜んでいただける店作りを心がけて参りますので、今後ともロフトマン各店ならびにスタッフ一同をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

さて、話は変わりますが、今年最後のブログは「気になる英国」と題してのご紹介。

 

最近ではロフトマンも日本のブランドの展開が増えてきております。

 

日本は食に関しても技術に関しても繊細かつ情緒があり素晴らしい。
例に漏れず、ファッションの世界でもそれは言えることだと思います。

 

私個人も日本が好きですし、ファッションは日本が誇れる産業の1つではないかと思うところです。

 

ただ、なぜか車にしろ、映画にしろ、時計にしろ、洋服にしろ「舶来品」に惹かれてしまいます。

技術やデザインだけではない「何か」があるのだと…。

それが「何か」ははっきりとはわからないんですが、育ってきた環境、時代も関係しているのだと思います。

 

基本的にはアメリカがあるんですが、ここ何年かはなんだか「英国」「英国製」が気になりますね。

歳を重ねるごとに洋服の基本、教科書的なものを持っておきたくなるからでしょうか?

 

やはり歴史や伝統のあるものに、知らず識らずのうちに魅力を感じてしまいます。

 

 

前述させていただきましたが、ロフトマンも来年で40周年。

もう一度基本に立ち返り、「インポート」ものの良さを再認識し、少しでもお伝えしていければと思います。

ということで、私個人が最近再確認し、気になる「英国インポート」ものをいくつかご紹介させていただきます。

 

 

今更ながらなブランドが多いですが、こう言ったものが最後にはマイスタンダードとなり、手放せないかけがえのないものになるんでしょうね。

【ダッフルコートの代名詞 Gloverall(グローバーオール)MADE IN ENGLAND】

ブランドの説明は割愛させていただきますが、このモデルは通常のGloverallとは異なり、ミリタリーテイストの強いモッズコート型でサイズ感も少しゆったりしているタイプ。
歴史あるブランドなのに肩落ち感のあるシルエットが今の気分ですね。

1着持っておいて損はない息の長いアイテムだと思います。

 

blog-kimura-2015-1230-1

blog-kimura-2015-1230-2

 

【ナイロンキルトの先駆者 LAVENHAM(ラベンハム)MADE IN ENGLAND】

英国王室御用達ブランドであり、機能とファッション性も高いキルトジャケットがまた気になるところ。
特にラベンハムをインナーウエアー的にレイヤリングするスタイルがいいですね。

個人的にはDENHAMの膝丈モデルがあればと思うんですが…(商品化期待してます!笑)

 

blog-kimura-2015-1230-3

blog-kimura-2015-1230-4

 

【歴史ある英国靴代表 Tricker’s(トリッカーズ)MADE IN ENGLAND】

こちらも説明不要の英国を代表するシューメーカーの一つ。
ドレスシューズからルームシューズまでバリエーションの豊富さは随一。その中でも今回のおすすめはローカットのサイドゴア。

ロファー、モンクストラップ、サイドゴア、スリッポンとシューレスシューズが最近注目されています。

どれもドレスタイプのものが多いんですが、このモデルはコマンドソールにストームウェルトを搭載。

「無骨と上品さ」を兼ね備えた私一押しの1足です。これ、本当におすすめ!

 

blog-kimura-2015-1230-5

blog-kimura-2015-1230-6

 

【「KING OF GLOVE」DENTS(デンツ)HANDMADE IN ENGLAND】

「手袋をしたままお札を数えられる(シークレットフィット)」と言い例えられるほど、しなやかでフィット感のあるデンツ。

特にペッカリーを使用した高級モデルが有名で、値は張りますが、いつか手に入れたいグローブです。

落し物の多い私にはかなり緊張感のあるアイテムですが…。

 

blog-kimura-2015-1230-7

blog-kimura-2015-1230-8

 

【1869年創業の老舗生地メーカー BEGG&CO(ベグ アンド コー)MADE IN SCOTLAND】

伝統的な技術と近代的な感性が両立し、素材の良さやトップレベルのクオリティーが魅力で世界でも再注目されてます。
著名人の愛用者も多く、様々なブランドとのコラボも手掛けいます。

ストールを探されている方は、是非候補のひとつに入れられてみてはいかがでしょうか?

 

blog-kimura-2015-1230-9

blog-kimura-2015-1230-10

 

 

今回も最後までお付合い頂き有難うございました。

 

円安傾向や、最低賃金の値上げ、職人減少による廃業など様々な理由で値上がりするインポート商品。

なかなか取り組むには難しい時代になってきておりますが、だからこそ今「世界の名作」と呼ばれるもの、ロフトマンコープのコンセプトでもある「CENTURY BASIC」なものをご紹介できればと思います。

 

 

カルチャーやカリスマ性も必要かもしれませんが、その製品から滲み出る、もの本来のオーラや哲学を感じることのできる商品を提案し続けられるよう来年もバイヤー一同努力して参ります。

 

今年も本当に大変お世話になりました。来年も宜しくお願い致します。

 

最後になりましたが、みなさま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

kimura-2015-0925-5
BUYER KIMURA, BUYER SELECT ITEM

5年後の名作

「はやいもので9月も残すところあと数日、もうそこまで秋が近づいてきてますね。 とは言っても、晴れた日中はまだまだTシャツで行けちゃうくらいの気候で、アウターを探…

2015.09.25Detail>>
kimura-2015-0711-1
BUYER KIMURA, MY STANDARD

非公開: MY STANDARD 色編

ご無沙汰しております。 2月から更新しておりませんで本当に申し訳ございません。 言い訳嫌いです!! でも少し言い訳させて下さい。笑 本当にブログを書くひまが無か…

2015.07.11Detail>>
kimura-2014-0128-1
BUYER KIMURA, MY STANDARD

非公開: MY STANDARD

もう残すところ1月もあと僅かで、時間の経過も早くこの間ブログを更新したと思っておりましたが、気が付けば2週間以上も空いてしまいまして申し訳ございませんでした。 …

2014.01.28Detail>>