BRANDLOFTMAN取り扱いのブランド紹介

1 / 21 2

DAWSON DENIM / ドーソンデニム

DAWSON DENIM/ドーソンデニムはイギリスのウェアブランド。ケリー・ドーソンとスコット・オグデンが南岸の街・ブライトンのアトリエにて全ての製品のデザイン、カット、そして縫製を手掛けている。エプロンやヘルメットバッグの製作からはじまり、伝統的な技術と積み重ねた知識を持って、現在はデニムワークウェアの製作を行っている。古き良きワークウェアにインスパイアを受けつつも現代生活における使用を考慮しデザインされた、この世にたった一つのデニムワークウェア。機能的でありながら、シンプルで控えめなディティール。手作業の温かみと、彼らの持つ物作りへの真っ直ぐな思いの宿るDAWSON DENIMは、二人が20年間に渡りデニムを取り扱ってきた経験の賜物。いつまでも穿き続けたくなる、そんなデニムを作る唯一無二のブランドです。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

CINOH / チノ

「一瞬の時の中に存在するだけでなく、ワードローブ・想い出に残るモノ創り。」を理念とし、伝統の無い自由な発想から生まれる東京のストリートをベースにしている。 また今までの服装史、その背景にあるカルチャー、現在の世の中からシーズン毎に感じとったモノ・コトを、遊び心と高揚感を持った大人のリアルクローズへと落とし込んでいる。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

DSPTCH / ディスピッチ

DSPTCH/ディスピッチは、2010年に設立。 現代のプロフェッショナルやトラベラーに合った高機能と高耐久性なバッグ、ケース、アクセサリーを作るというヴィジョンで、デザイン及び生産会社として始まりました。 ミリタリーからのインスピレーションを元に、私たちの製品は実用性を念頭に、生涯使えるようデザインされています。 DSPTCHは、サンフランシスコ内の製造業グループを支援する非営利団体、SFMadeのメンバーになっています。 製品はすべてアメリカで、ほとんどがサンフランシスコとロサンジェルスで作られています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

DOLDY / ドルディ

Marmotの傘下としてチェコにてバックパックの生産を始め、その後まもなく1998年にDOLDY/ドルディとしてバックパックの製造販売をスタートしました。 チェコ国内で生産を続けることでそのクオリティや信頼性を保ち、さらにユーザーからのフィードバックを活かし進化、発展を続けているメーカーである。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

TOKYO ZUBON / トーキョーズボン

仏語「jupon」=ペチコート。アラビア語「djubba」=男性が身にまとうゆったりとした衣服。英語「trousers」「pants」と同義語。日本では幕末、大久保誠知が「ずぼんと足に入る」と言ったことから「ズボン」となったとする説もあるが、この語が成立した後に生まれた洒落である。 「ズボン」日本人であれば一度は聞いたことがあるこの呼称、聞けば聞くほど不思議な言葉である。この当たり前で、ありきたりな言葉の意味はファッションに必要不可欠。「ズボン」。なんとも日本らしい言葉遊びの効いた愛称だ。ファッションとは、老若男女ともに着飾り、TPOにあわせた装いをすることだが、それ以前にファッションとは、楽しいことである。西暦2016、ライフスタイル=フャッションと考える。 地球上で生活するすべての人々に、最適で最高の「ZUBON」をまじめに提供いたします。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Dansko / ダンスコ

Dansko/ダンスコは1990年にアメリカ・ペンシルバニア州で生まれたブランドです。 創設者のMandy CabotとPeter Kjellerupは馬の調教師でした。Peterの故郷であるデンマークに馬を買いに行った時にその町の小さな靴屋でシンプルなデザインのクロッグスを見つけたのがきっかけでした。履き心地の良いそのクロッグスは馬の納屋でもどこに行くのにも快適でお気に入りの一足になりました。2人はデンマークに行っては友人たちに靴を持ち帰り、愛車のステーションワゴンに靴を乗せ、馬の品評会で売り始めました。 アメリカで販売してみようと20年間、改良に取り組み、Dansko(デンマークの靴)という名前を取り、Dansko,LLC.を設立することになりました。 日常ではもちろん、レストランや医療系で働く方々の靴として機能性とデザイン性の両方に優れた、履きやすく足や腰への負担を取り除いた靴です。 今ではアメリカをはじめ、日本、カナダ、オーストラリア、イタリア、台湾、イスラエルでたくさんの方々に愛されています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

DENTS / デンツ

DENTS/デンツは世界最高級手袋およびその他のアクセサリーを丹念に作り上げて参りました。 優れた製法技術を代々受け継ぎ、その職人気質と時代を超越したスタイルは、 230年以上大切に培われています。 デンツは、1777年に英国の美しい聖堂のある都市ウースターにて、設立者ジョン・デントが初めて一組の手袋をカッティングし自社の名のもと創業しました。 革の鑑別と裁断技術において天才的な才能を持ったデンツが作り出す手袋は、手にしていることを忘れてしまうほどのフィット感を持つことから『シークレットフィット』と呼ばれ、名声を博しました。 デンツの熟練した手袋カッター(裁断士)になるためには通常7年、マスターカッター(親方裁断士)の下で年奉公します。 その年季奉公は現在少し短くなりましたが、資格あるカッターになるには、長年の経験と長期の訓練期間を経て、熟練技術を得る為に必要不可欠な鋭い目と器用な手を養います。 もちろんカッティングだけではありません。一組の手袋を作る工程は長く、殆ど手作業で行う32もの違った工程を経て完成されます。 ジョン・デントの息子2人もまた15歳の時より7年間、徒弟の年季を勤め、 後にパートナーシップによって優れた職人の王朝時代を形成し、その人達がデンツの名を後に世に轟かせることになりました。 デンツは、19世紀から20世紀にかけて高級手袋及びアクセサリーの大手輸出会社として、ニューヨーク、パリ、グルノーブル、ブリュッセル、ライプチヒ、プラハ、シドニー、ナポリにある子会社を通じて高級手袋を丹念に作り上げ、各国へ販売していました。 この時期、ファッション志向の婦人や紳士達が、あらゆる社交の場で手袋を着用することが非常に大切なことだったことにも由来します。 現在デンツ社の工場は、ウィルトシャー州ウォーミンスターという美しい郊外の町に位置し、そこには歴史的な手袋の道具や資料が収められたデンツ博物館もあります。 そこに収められた多くのコレクションの中には、18世紀及び19世紀初頭の手袋の数々、デンツ社が1953年に女王陛下ご即位の際にご用達したエリザベス2世の載冠式用手袋など特別な展示品を見ることができます。 デンツ社とその職人達は、何世代にも亘りジョン・デントが提唱した技法と心使いの伝統を忠実に守り、非常に繊細な縫い目の美しい手袋を作り続けています。 今までもそうだったように、21世紀となった今日でも職人達によって受け継がれながら、デンツは素晴らしい革手袋を丹精込めて伝統の技法で作り上げています。 その歴史、そして品質と職人技能に対する不変的なこだわりを大変誇りに思っています。 これが手袋の名工、創業者ジョン・デントの不朽の遺産といえましょう。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Ten-c / テンシー

このプロジェクトはAlessandro Pungetti&Paul Havreyという、2名のクリエイターによって始まった。 「本気で死ぬまで着れる服」。そこには季節にとらわれることなく、優れた製品を長く愛用してほしいという願いが込められています。 主に日本製の高度な加工を施した素材【高密度ナイロンベンタイル】を使用し、すべての縫製をイタリア国内にて行うことにこだわっている。 シンプルでカジュアルな中にも、イタリアらしさを感じるアイテムとなり、時代に左右されることなく、退化することなく、ライフスタイルの一部になるようなファッションを提案。 一流の者は、自身に見合う洋服を着る。それが、Ten-c/テンシーを象徴する“The Emperor’s New Clothes”というコンセプトである。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

TENDER Co. / テンダー

過去にはEURO EVISUでデザイナーを務め、サヴィル・ロウでテーラリングの技術を学び、岡山県児島でデニム生産全般に携わり、今はイギリスのセントマーチンズでデニムの講師をするという異色の経歴を持つ、William Kroll(ウィリアム・クロール)氏が手がける「TENDER Co./テンダー」。 蒸気機関車が走っていた頃のイギリスの機械や作業着をルーツとし、洋服の中に自然を取り入れていく事をコンセプトとしたコレクションを展開。 TENDERとは蒸気機関車に付属して石炭や水を補給する車両の名称です。大量の燃料を積まないといけないTENDERは、よく鍛えられた鉄によって、頑丈に作られていました。 その名の示すようにTENDER Co.のウェアは頑強であり、古い時代に思いを馳せたデザインが印象的です。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

TEATORA / テアトラ

クリエーターのパフォーマンスを向上させることを目的に開発された頭脳職のための機能服。様々なTPOに対して研究、開発されたTEATORA/テアトラのウェアはあなたの都市生活をよりスマートにします。 ワークチェアで戦うクリエーターのためのワークウェアメーカー。 スラックスの美しい立ち姿も、リラックスウェアの快適な座り心地も、ジーンズのタフささえも、このボトムスひとつで。 あなたは何日何時間ワークチェアに座って仕事をしていますか? その時穿いているボトムスは、その時間に見合った機能を持ち合わせていますか? 人類の有史以来、座って働くということがこれほど一般的になった時代はありません。 しかし、椅子と人体の間に長時間挟まれることとなったボトムスは、スラックスが生まれ、ジーンズが生まれた、あのころの機能のままです。 TEATORA/テアトラは、現代クリエーターのためのワークウェアメーカーです。 ボトムスの概念のデザイン。現代クリエーターをとりまく環境の研究。人体とワークチェアとの関係性の研究。 これらを洗練させることで、全く新しいボトムスが完成しました。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ
1 / 21 2