BRANDLOFTMAN取り扱いのブランド紹介

1 / 31 2 3

South2 West8 / サウスツーウエストエイト

186

NEPENTHESの手がけるレーベルの一つSouth2 West8/サウスツーウエストエイト。 札幌にフラッグシップストアを構え、アウトドアをコンセプトにウェアやバッグなどをリリースしています。 近年は新たなコンセプト「FISH AND BIKE」を掲げ、櫻井釣漁具とのコラボレーションによるオリジナルロッドや、ランディングネットなどの釣り具も展開しています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

salvy; / サヴィー

183

ブランド名のsalvy;/サヴィーとは、フランス語のsalon(名士の社交的集会・洒落た店)と英語のsavvy(経験に裏打ちされた・精通している)、この2つの単語からなる造語です。 そんなネーミングをルーツに持つsalvy;/サヴィーの洋服は、国内屈指のファクトリーで独自のファブリックや高度なテクニックによって生み出されています。 国内外問わず、インターナショナルに活動を続けてきたデザイナーである郷 裕一氏の経験に基づいた感性により、トラディショナルな要素が根底にありながら、良い意味でそれにとらわれないスタイルがあり、新しい空気感をまとっています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Spectator / スペクテイター

177

Spectator/スペクテイターは、1999年に創刊した年3回刊の雑誌です。 ひとつのジャンルにとらわれず、地球上のあらゆる場所へ足を運び、気になる人と言葉を交わし、体験できることはやってみる。 そうして手に入れた真実を、飾らない言葉で自由に表現出来る存在であり続けたいという思いが、「見物_人」「目撃者」という誌名には込められています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

SPECTUS SHOE CO. / スペクタスシュー

175

「革靴でもなくスニーカーでもないデザインと履き心地」というコンセプトのもと製作は始まりました。 人口工学により形成されたラスト(木型)をベースに、サンプル作製を繰り返し、変更を重ね、全く新しいイノベーションシューズ「スペクタス」が生まれました。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

SBTRACT / サブトラクト

168

サブトラクトとは、「引き算」を意味しております。 素材の個性・特性を生かし、必要最小限にモノづくりすることをコンセプトとし、日本にある紡績・縫製・丸編み・染めをはじめとした工場と直で向き合う事で生まれる新しい普段着を提案していきます。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

SCYE BASICS / サイ ベーシックス

164

素材、カッティング、内部構造にまで配慮したサイ独自のベーシックアイテムを展開するライン。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Johnstons / ジョンストンズ

160

Johnstons/ジョンストンズ社は1797年の創業以来、高級繊維であるビキューナ及びカシミヤ生地生産のパイオニアであり、原毛から紡績、ウィービング、ニッティングまでを自社で手掛けるイギリス国内唯一の一貫生産するファクトリーブランドです。 ジョンストンズは、”最高のもののみが全て”という経営理念に基づき、全ての工程に熟練の技術と信頼のおける品質をもって操業しております。 厳選された原料の選別、創業間もないころから活躍するカーディング機やアザミ起毛といった今まで培われた伝統的な工程を残すとともに、近年の小ロット生産にできるだけ迅速に対応すべく新しい染色機、縦糸成型機の導入など新しい設備投資を行うなど、200年以上続くジョンストンズ独自の生産背景を元に、世界各国のお客様にクオリティーと価格バランスがとれた商品の供給に日々尽力しているブランドです。 ”神の恵み、命の水”とも称えられ、ウィスキーにも使用されているハイランド地方の清冽な質のよい豊富な水の使用や、スコットランドの山々や高原の背景に調和し、狩猟用として身を守るためにカモフラージュできるよう配慮された配色が選ばれたエステート・ツイードを数多く作製するなど、その土地でしか生まれない地域背景を生かしたアイテムは、英国国内の大手インターナショナルブランドのみならず、世界の大手メゾン各社のOEM、サプライヤーとしての地位を確立し、高く評価されています。 1980年代にはサッチャー首相の訪問を受け、2008年4月には英国皇室、チャールズ皇太子、カミラ夫人の訪問を受け、ロイヤルワラントは取得していないものの皇室の多くのメンバーが弊社製品の愛用者でもあります。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Jamieson&Smith / ジェミソンアンドスミス

158

シェットランド島は日照時間が短く、風と寒さが大変厳しい地域のため、羊の餌となる牧草がほとんど育ちません。そのためシェットランド島の羊は、入り江部分の切り立った崖を移動しながら海岸に向かい、引き潮時に現れる海藻を餌としている珍しい羊です。海藻をおもに食べて育ったからこそ得られる非常に軽くて柔らかな羊毛は、同じシェットランド種の羊でもシェットランド島のフィヨルド地域以外で牧草によって飼育された羊の羊毛とは品質が異なります。 Jamieson&Smith/ジェミソンアンドスミス社は70年以上にわたり、このシェットランド島の中で刈り取った羊毛の原毛を取り扱うウールディーラーです。 Jamieson&Smith社の取り扱う原毛は純粋なシェットランドシープの原毛のみで、それはシェットランド島の中で飼育され、シェットランド島の中で刈り取られたウールだけを意味します。 通常、一般的なシェットランドウールはミックス色の絶妙なブレンディングによる色調が魅力の一つで、シェットランドシープウールをベースに、他のブリティッシュウールなどをブレンディングして紡績します。 しかし、Jamieson&Smithのブランドはシェットランドシープ以外の原毛は一切ブレンディングされていない100%ノンブレンドの純粋な品質を保証します。 そのため、通常の紡績された一般シェットランド糸より本来のシェットランドウールのオリジナルの特性や個性を再現できています。 貴重な羊毛のため、生産量が限定されています。最高品質で貴重な正真正銘のシェットランドニットの風合いをそのストーリーと共にお楽しみください。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

THE NORTH FACE / ザノースフェイス

152

1968年にサンフランシスコで産声をあげたTHE NORTH FACE/ザノースフェイスは、当初小さなメーカーでしたが、まもなく発売したスリーピングバッグにより高い信頼を獲得するようになります。 高品質なだけでなく、最低何度の気温まで快適に使用できるかという「最低温度企画表示」を明記したことが反響を呼びました。折しも、ベトナム戦争が泥沼化していた時代。物質文明中心の社会や既存価値に対するカウンターカルチャーが隆盛をきわめつつありました。鋭敏な感覚をもった若者たちは街を出て、自然へと回帰していきます。そんな彼らのエネルギーと、常識にとらわれないTHE NORTH FACEのスタイルが共鳴し、やがたバックパッキングブームが巻き起こります。 1970年代初頭には、20世紀のレオナルド・ダヴィンチと称されるバックミンスター・フラーとの鮮烈な出会いがありました。そして、そして彼の提唱するジオデジック(大円上の2点間の最短距離からなる総三角形化)とテンセグリティ理論(真の構造は連続した張力が不連続な圧縮力を統合する相互作用からなる)に基づいた世界初のドーム型テントを開発しました。このテントは1976年、イギリス・カナダ合同隊によるパタゴニア遠征で伝説を残しています。 40年の間、私たちはスリーピングバッグやウェア、テント、バッグなどの製品作りを通して、アウトドアの限界点を高めてきました。「自然を模倣するのではなく、自然に存在する複数の原理感の相互作用を調整し、これまでにない新しい機能を引き出す」フラーが唱えたデザインサイエンスの理念は、幾人かの経営者に受け継がれ、今もブランドの根底に息づいています。 次の世代に正しい自然との関わり方、人との関わり方、ものを大事にする気持ちを伝えていくこと。それがTHE NORTH FACEのミッションです。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

JOHN SMEDLEY / ジョンスメドレー

151

JOHN SMEDLEY/ジョンスメドレーは、天然素材を用いたファインゲージと呼ばれるきめ細かく編みあげられたニットとして有名で、その編目は世界でも稀な30ゲージまで編む事が出来き、他では体感できない柔らかく滑らかな肌触りと軽い着心地を楽しむことが出来るブランドです。 産業革命の初期1784年イギリス・ダービー州のリーブリッジ村でジョン・スメドレーとフローレンス・ナイチンゲール女史の叔父にあたるピーター・ナイチンゲールとの両氏によって創業しました。この地は、産業革命の発端ともなった水力紡績機が発明された地としても知られており、豊かな水源は後にナイチンゲールの水治療にも使用されました。 きめの細かな編み目を作るために、最高級コットンであるJOHN SMEDLEY’S SEA ISLAND COTTONや、厳選された牧場と直接契約を結んだメリノウールの中から更に毛足の長いものを厳選して使用し、工場近くの純粋で軟らかな地下水によって高級素材だけが持つ自然な光沢と柔らかな肌触りを引き出します。 素材本来の良さが損なわれないよう、繊維を切断することなく編みたてることが出来るフルファッション編み機を使用して編みあげられたパーツは、ひと編みごとに「リンキング仕上げ」とよばれる熟練の職人による手作業によって、欠点のない綺麗な継ぎ目に縫い合わされ、極上の滑らかな肌触りが体感できるニットに仕上げます。 最高の素材と伝統的な製法や手仕事の良さを守りながら、最新のコンピューター制御の機械を取り入れるなど、常に新しい生産技術などを積極的に取り入れ、225年以上経た現在もイギリスを代表するニットブランドとして世界中に愛され続けています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ
1 / 31 2 3