BRANDLOFTMAN取り扱いのブランド紹介

1 / 21 2

TOKYO ZUBON / トーキョーズボン

179

仏語「jupon」=ペチコート。アラビア語「djubba」=男性が身にまとうゆったりとした衣服。英語「trousers」「pants」と同義語。日本では幕末、大久保誠知が「ずぼんと足に入る」と言ったことから「ズボン」となったとする説もあるが、この語が成立した後に生まれた洒落である。 「ズボン」日本人であれば一度は聞いたことがあるこの呼称、聞けば聞くほど不思議な言葉である。この当たり前で、ありきたりな言葉の意味はファッションに必要不可欠。「ズボン」。なんとも日本らしい言葉遊びの効いた愛称だ。ファッションとは、老若男女ともに着飾り、TPOにあわせた装いをすることだが、それ以前にファッションとは、楽しいことである。西暦2016、ライフスタイル=フャッションと考える。 地球上で生活するすべての人々に、最適で最高の「ZUBON」をまじめに提供いたします。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

THE NORTH FACE / ザノースフェイス

152

1968年にサンフランシスコで産声をあげたTHE NORTH FACE/ザノースフェイスは、当初小さなメーカーでしたが、まもなく発売したスリーピングバッグにより高い信頼を獲得するようになります。 高品質なだけでなく、最低何度の気温まで快適に使用できるかという「最低温度企画表示」を明記したことが反響を呼びました。折しも、ベトナム戦争が泥沼化していた時代。物質文明中心の社会や既存価値に対するカウンターカルチャーが隆盛をきわめつつありました。鋭敏な感覚をもった若者たちは街を出て、自然へと回帰していきます。そんな彼らのエネルギーと、常識にとらわれないTHE NORTH FACEのスタイルが共鳴し、やがたバックパッキングブームが巻き起こります。 1970年代初頭には、20世紀のレオナルド・ダヴィンチと称されるバックミンスター・フラーとの鮮烈な出会いがありました。そして、そして彼の提唱するジオデジック(大円上の2点間の最短距離からなる総三角形化)とテンセグリティ理論(真の構造は連続した張力が不連続な圧縮力を統合する相互作用からなる)に基づいた世界初のドーム型テントを開発しました。このテントは1976年、イギリス・カナダ合同隊によるパタゴニア遠征で伝説を残しています。 40年の間、私たちはスリーピングバッグやウェア、テント、バッグなどの製品作りを通して、アウトドアの限界点を高めてきました。「自然を模倣するのではなく、自然に存在する複数の原理感の相互作用を調整し、これまでにない新しい機能を引き出す」フラーが唱えたデザインサイエンスの理念は、幾人かの経営者に受け継がれ、今もブランドの根底に息づいています。 次の世代に正しい自然との関わり方、人との関わり方、ものを大事にする気持ちを伝えていくこと。それがTHE NORTH FACEのミッションです。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Ten-c / テンシー

149

このプロジェクトはAlessandro Pungetti&Paul Havreyという、2名のクリエイターによって始まった。 「本気で死ぬまで着れる服」。そこには季節にとらわれることなく、優れた製品を長く愛用してほしいという願いが込められています。 主に日本製の高度な加工を施した素材【高密度ナイロンベンタイル】を使用し、すべての縫製をイタリア国内にて行うことにこだわっている。 シンプルでカジュアルな中にも、イタリアらしさを感じるアイテムとなり、時代に左右されることなく、退化することなく、ライフスタイルの一部になるようなファッションを提案。 一流の者は、自身に見合う洋服を着る。それが、Ten-c/テンシーを象徴する“The Emperor’s New Clothes”というコンセプトである。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

TENDER Co. / テンダー

139

過去にはEURO EVISUでデザイナーを務め、サヴィル・ロウでテーラリングの技術を学び、岡山県児島でデニム生産全般に携わり、今はイギリスのセントマーチンズでデニムの講師をするという異色の経歴を持つ、William Kroll(ウィリアム・クロール)氏が手がける「TENDER Co./テンダー」。 蒸気機関車が走っていた頃のイギリスの機械や作業着をルーツとし、洋服の中に自然を取り入れていく事をコンセプトとしたコレクションを展開。 TENDERとは蒸気機関車に付属して石炭や水を補給する車両の名称です。大量の燃料を積まないといけないTENDERは、よく鍛えられた鉄によって、頑丈に作られていました。 その名の示すようにTENDER Co.のウェアは頑強であり、古い時代に思いを馳せたデザインが印象的です。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

TEATORA / テアトラ

129

クリエーターのパフォーマンスを向上させることを目的に開発された頭脳職のための機能服。様々なTPOに対して研究、開発されたTEATORA/テアトラのウェアはあなたの都市生活をよりスマートにします。 ワークチェアで戦うクリエーターのためのワークウェアメーカー。 スラックスの美しい立ち姿も、リラックスウェアの快適な座り心地も、ジーンズのタフささえも、このボトムスひとつで。 あなたは何日何時間ワークチェアに座って仕事をしていますか? その時穿いているボトムスは、その時間に見合った機能を持ち合わせていますか? 人類の有史以来、座って働くということがこれほど一般的になった時代はありません。 しかし、椅子と人体の間に長時間挟まれることとなったボトムスは、スラックスが生まれ、ジーンズが生まれた、あのころの機能のままです。 TEATORA/テアトラは、現代クリエーターのためのワークウェアメーカーです。 ボトムスの概念のデザイン。現代クリエーターをとりまく環境の研究。人体とワークチェアとの関係性の研究。 これらを洗練させることで、全く新しいボトムスが完成しました。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

Teva / テバ

128

1984年、グランドキャニオンの1人のリバーガイドが、のちにフットウェア業界に革命を起こすこととなる真実に気づきました。 「人は誰もがアドベンチャー精神を心に宿しながら、大きな一歩を踏み出すきっかけを待っている。 そのきっかけとは、人々を新鮮な感動やワクワクする体験へと導き、飛び込む勇気を与えてくれる”招待状”のようなもの・・・。」 つまり、Teva/テバは素晴らしい人生への”招待状”を多くの人へ広めることを使命とし、誕生したのです。 その”招待状”の一つとなったのが、世界で初めてのスポーツサンダルといわれているオリジナルコレクション。 水辺での安全かつアクティブな動きのために、足首を固定するためのストラップをビーチサンダルに取り付けたことから生まれた、Tevaの原点ともいえるサンダルです。 こうして世界で初めて誕生したスポーツサンダルは、今では世界中の多くの人に愛されるブランドを象徴するモデルにまで成長しました。 Teva/テバを履いて一歩を踏み出すことでアドベンチャーの幅は広がり、固定観念にとらわれない自由な表現を駆り立て、無限の可能性に満ちた自分らしい生き方へと導きます。 Teva/テバのサンダルは、一度きりしかない人生を楽しむための”招待状”なのです。 私たちがつくるもの全てにおいてアドベンチャー精神は欠かせません。 決められた道から外れる冒険こそが、あなたらしい人生の始まりであり、心に最も深く刻まれる思い出になるのだから。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

THE NORTH FACE PURPLE LABEL /

126

「nanamica」がプロデュースする「THE NORTH FACE PURPLE LABEL」。アメリカのアウトドアブランド「THE NORTH FACE」その機能性をそのままに、さらにファッション性を高め、タウンユースに最適なアイテムをリリースしています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

THE CRITICAL SLIDE SOCIETY(TCSS) / ティーシーエスエス

115

THE CRITICAL SLIDE SOCIETY(TCSS)は2009年9月にオーストラリア東海岸沿いの小さなコテージでジム・ミッチェルとサム・クーンズによって誕生しました。 

ここ数年間、彼らは世界中から集まった仲間と共に小さなチームを組みブランドをゼロから作り上げてきました。 
サーフィン、ファッション、アートそしてなによりもユーモアによって人々が繋がる世界を作り上げてきました。 

TCSSは現在オーストラリア、アメリカ、カナダ、スペイン、日本の厳選されたセレクトショップで取り扱いがあります。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

The Letters / ザ レターズ

The Letters

セレクトショップや都内某ブランドで約10年にわたり洋服を学んだ向田雄一氏が、2012年春夏から「The Letters(ザ・レターズ)」をスタート。 肌触りや経年変化による深みを増す繊細なニュアンスを生み出す為の素材づくり、仕立てなど洋服の本質に重点を置き、オーセンティックなウェアを展開しています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ

TEMBEA / テンベア

TEMBEA

ある日、パン屋でバケットを一本買いました。その時に持っていたのが最初に作った、名も無いトートバッグ。 縦長のそのバッグはバケットを持ち運ぶのにちょうどよく、それを「バケットトート」と名付ける事にしました。 このバックを持って、色んな場所へ行き、色んなものを入れてみました。バックとあちらこちらへ放浪しているような気持ちで。 「放浪」を意味する「TEMBEA(テンベア)」はこうして始まりました。 「バケットトート」をきっかけに入れる物や用途を限定したバッグ作りがコンセプトに。 本や新聞を入れるためのもの。旅行、収穫、自転車で使うためのもの。毎日のように使ってもらいたいものばかりです。 使い込むほどに質感は柔らかくなり、使う人の体に馴染んでくる。同じバッグでも持つ主人によって、ずいぶんと表情が違ってくる。 時間とともに変化してくことも、「TEMBEA」のバッグの特徴です。 素材はコットンキャバス地。コットンキャンバスにパラフィン加工を施しているため、通常の物より防水性に優れています。 コットンキャンバスに使われているコーマ糸は紡績行程のなかで綿花に含まれる短い繊維や夾雑物を取り除いた糸。繊維が長く均一なので糸ムラが少なく、独特の光沢と耐久性を素材にもたらしてくれます。 また、40~50年前の古い織機で織られた生地の耳も拘りのひとつ。「TEMBEA」の商品ではこの切りっぱなしのような美しい仕上げの耳を生かしたデザインを数多く取り入れています。

[取り扱い店舗]
  • 1981
  • COOP KYOTO
  • COOP UEMDA
  • B.D.
  • Ohana
  • COOP E-MA
  • Ohana E-MA
  • EQ
1 / 21 2